先輩ご用達の風俗店

風俗嬢の体の感触をしっかり覚えた

いつもとは違うことをやろうとすると緊張する。でも、新鮮な刺激を体験できるし新しいことに挑戦することってすごくイイことだと思うんだ。難しいことに挑戦して人として成長するというのが一番だと思うけど、今回俺が挑戦したことはデリヘルを体験すること。風俗関連のサービスの中から選ぶとしたら家でじっくり体験できそうなデリヘルが良かったし、エッチなサービスを好みの風俗嬢にしてもらえるというのはすごく魅力的な話だと思う。約束の時間になると彼女は遅刻もせずちゃんと来てくれた。プレイが始まる前に基本プレイとオプションプレイの違いを説明してくれて、最後に質問がないか聞いてからタイマーにスイッチを入れた。このタイマーが0になる時に彼女との夢のような時間が終わってしまう。そう思うと少しの時間でも無駄にできないと思い、なるべく彼女の体を触ってしっかりこの感触を記憶した。タイマーが鳴り響くと何となく寂しさを感じたけど、しばらくは彼女の体の感触を思い出してシコシコした。